コラム

コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

35 業績の良い会社は企業風土が良い。業績の良くない会社は企業風土が悪い。

 「あの会社の業績は芳しくない」と聞いたとき、どのような理由を考えますか。景気の悪化などが理由に挙げられますが、それだけが原因ではないはずです。

 社内に覇気がない、コミュニケーションが足りていない、若手や新入社員が適切に指導されていないようだ……。私が訪れる会社でそんなふうに感じるときは、業績も不調なところが多いように見受けられます。

 一方、業績が好調な会社は社内が活気に満ちていて、上下や横のコミュニケーションもスムーズに交わされ、後進の育成にも積極的です。そこには、風通しの良い良質な企業風土を感じます。

 良質な土台がなければ、強い建物が建てられないように、良質な企業風土がなければ、強い組織や良い人材も育たず、社員がのびのびと仕事に取り組むこともできないのです。

 良い企業風土を築くには、経営者やリーダーが自らの言葉や行動で、経営理念などを示していかなくてはなりません。それが社員にとっての指針となり、企業風土の基盤が作られていくのです。

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>