代表挨拶

greetings
代表挨拶ページイメージ画像
古谷 治子画像

50年継栄の志

持続可能な社会の実現へ!
マネジメントサポートグループは人財育成を通して「お客様」「SDGs」とともに歩みます

1993年に(株)マネジメントサポートを設立し、おかげさまで28期目を迎えました。
設立当初は「女性活躍」「顧客満足」をテーマに掲げて、多くの人財育成のご支援を始めましたが、この28年の間に社会環境は大きく変化し、グローバル化、IT化、働き方改革、終身雇用・年功序列の終焉などビジネスのあり方や人財育成の方法を根幹から変え、より経営課題に直結したサービスの開発が求められるようになりました。

そうした中、2018年10月よりマネジメントサポートグループは、国連で定めた持続可能な開発目標である『SDGs』を実現するため、以下5項目をキーワードに、教育を通して、働く喜びを得られる社会づくりに貢献るための具体的な取り組みを始めています。

・女性活躍推進
・若手育成・キャリア支援
・グローバル時代のCS活動
・ダイバーシティ
・地方創生

いつの時代も企業や組織の成長を支えるのは「人財」です。
世の中が変化し、働き人の価値観や求められる能力は変わっても、それを具現化するのは「人」であり続ける限り、私共マネジメントサポートグループの歩みも続きます。

マネジメントサポートグループは「人財育成と組織活性をサポートします」というグループビジョンを胸に、いかに企業や組織人の未来へ貢献できるのかを常に考え、「お客様」とともにこれからも挑戦し続けていきたいと思います。

マネジメントサポート・グループ代表 古谷治子

経歴

短期大学卒業後、東京放送・中国新聞社で9年間の実務経験を経て教育コンサルタントとして独立。1993年(株)マネジメントサポートを設立、現在3つの教育専門会社を率いる。 全国のシンクタンクを中心に、4,000回以上の登壇を誇るCS対応教育の第一人者。実績の出るCSコンサルティングとして、現状を踏まえた研修提案が、課題解決・業績アップを望む企業様より絶大の支持を得る。個人のスキルアップに最適な「品格」「モチベーション」「スキル」を高める三位一体教育の提唱者。2万人のマナー指導者育成など、後進講師の育成にも力を入れる。 日本初のWEB検定を開発し好評を博す。手がけるビジネス書籍他は40冊を超え数々のベストセラーを発表。 東京商工会議所 女性会理事、(財)日本電信電話ユーザ協会審査員、日本講師協会理事、日本交流分析協会会員他、歴任