マネジメントサポートグループ

部下指導の決定版!人を育てる7つの鉄則

SELECTION

講座概要

対象 管理職、監督職、部下・後進の指導に関わる皆さま
日時 半日~1日研修
集合研修がお勧めですが、
オンライン研修でも可能です
講師 古谷 治子 (マネジメントサポートグループ代表)
期待される効果 「育てる鉄則」を7つに絞ることにより、指導方法を理解・整理し、実践力を習得します

☆☆研修のゴール☆☆

■ダメ上司のアプローチは何が足りないかを分析し、自身の
 指導スタイルを見直す
■イマドキの新人・部下との良好な関係構築や能動的に導く
 指導スキルを習得する
■上司としての基本原則を学び、自身が抱える チーム活性化に
 つなげる

講座内容

  • 1.オリエンテーション

    ・人を育てる7つの鉄則とは?/自身の組織風土を振り返る
    ・業績の良い会社は企業風土が良い
    ・能力発揮は、職場の風土で発揮度合いが決まる
    ・職場の雰囲気作りは管理者・指導者の言動の結果
    ・育てているのに育っていない/人材育成の4本の柱 
  • 2.育てる鉄則その1

    「部下へはわかりやすい指示を出すべし」
    ・部下へのわかりやすい指示はシンプル&ショートセンテンスで  
  • 3.育てる鉄則その2

    「上司が職場のムードメーカーとなるべし」
    ・職場のムードは上司の意図したアプローチで決まる
  • 4.育てる鉄則その3

    「部下は褒めて育てるべし」
    ・部下の言動を具体的に褒める 
  • 5.育てる鉄則その4

    「叱る・注意も指導と考えるべし」
    ・部下への叱責や注意が課題克服のエネルギーとなるために
  • 6.育てる鉄則その5

    「部下への質問は配慮すべし」
    ・質問する際の注意点を知る
    ・尋問や詰問だと受け取られないための聞き方
  • 7.育てる鉄則その6

    「部下との定期的なガイダンスをすべし」
    ・定期的な面談の効果を知る
  • 8.育てる鉄則その7

    「部下はサイレントクレーマーと心得るべし」
    ・部下の捉え方、課題達成機能と集団維持機能を学ぶ

「育てる鉄則」を7つに絞ることにより、指導方法を理解・整理し、実践力を習得します!

 

再現ドラマを見ながら学習! 客観的な認識、指導手法が習得できます
 

・ 日ごろの部下と上司の会話を客観的に分析し、
  部下の気持ちを実感できます
 
・ タイプ別それぞれの上司が部下に与える影響、
  部下が育たない理由を客観的に分析します
 
・ 1つの鉄則ごとにダメ上司(タイプ別)、
  理想の上司をリアルに理解できます
 
・ 「育てる鉄則」を7つに絞ることにより、
  指導方法を理解・整理し、実践力を習得します
 
 

半日~1日研修となります。

重要なエッセンスを絞って、ご希望の時間に合わせてカスタマイズさせていただきます。まずはお問い合わせください。

 

 

【講師紹介】
古谷 治子(ふるや はるこ)
(マネジメントサポートグループ 代表)
マネジメントサポートグループ代表:古谷治子

 

全国シンクタンクを中心に4,000回以上の登壇を誇るCS教育の第一人者。
東京放送、中国新聞社での実務経験を経て、人材育成コンサルタントとして独立。1993年設立の株式会社マネジメントサポートなど4つの会社経営を手がけ、常に経営者の視点から組織向上、業績アップを目指した実践的な指導を行う。
多彩な切り口で展開する研修は、経営者としての実体験、マネジメントの現場感覚を盛り込み、企業の代弁者として現場を活性化させると評価を博している。
手がける研修は、個人スキルの向上から企業団体の組織風土醸成、不変のテーマであるCSマナー・クレーム対応強化など多彩。社会の動向を踏まえた女性リーダー意識・行動改革・管理者養成にも注力する他、グローバル化に備えた「おもてなし研修」でも注目を浴びる。
ライフワークとして続ける「マナー指導者養成講座」では5千余名の講師を輩出。後進の育成とビジネス教育コンテンツの振興に寄与する「日本講師協会」を設立し、日本の講師界を牽引。

 

 

 

【お申込み・照会先】
マネジメントサポートグループ
公開講座事務局担当
TEL:03-5418-4764 FAX:03-5418-4661
電子メール info@ma-support.co.jp

会場案内

所在地

こちらは集合研修がお勧めですが、オンライン研修でも可能です