マネジメントサポートグループ

マネジメントサポートグループ

医療現場から学ぶ心理的安全性プログラム

TRAINING

研修概要

対象 管理職、プロジェクトリーダー、専門部隊のリーダー、OJT指導者
期待される効果

仕組みの構築とトレーニングから作られる心理的安全性
~医療現場で活用されているコミュニケーションシステム~
システムの導入により、各自のコミュニケーションスタイルや状況、関係性に影響を受けず
コミュニケーションが取れるという心理的安全性の高い環境づくりを目指します。

<カリキュラム内容>

  • 研修の目的

    心理的安全性の高い組織にするために、医療現場の仕組みや医療スタッフのフレームワークを、企業のマネジメント、ビジネススキルに活用したプログラムです。一般社員から管理職までを対象として、各階層に応じた内容にアレンジしています。

    本研修は、全社員が受講することにより、共通言語が生まれ、より活性化された心理的安全性の高い職場が生まれますが、研修後においても、研修で学んだことを整理し、トレーニングを重ね、相互にフィードバックを受けることで各自がその方法を身に付けます。
    これをチームとして機能するよう管理職は、現場でマネジメントを行っていただきます。

    医療現場と同じように、とくに、忙しい職場、現場において、心理的安全性を高めるためには、システムの導入やルールだけ決めても機能しません。
    本研修では、医療現場と同じように、座学だけではなく、シミュレーション教育を積極的に取り入れ、実践的な学習を行います。
    個々の意識とスキルを向上させ、心理的安全性の高い職場づくりが出来る事をご支援させていただきます。

  • 研修のねらい・カリキュラム

© Management-Support-Group Ltd.