マネジメントサポートグループ

クレーム対応向上プログラム

TRAINING

研修概要

対象 電話応対スタッフ・リーダー(SV)・管理職・教育担当者・品質管理者(QA)
期待される効果 クレーム対応を実践的に身に付け、客観的に実力診断をすることで、自信がつきます。

<流れ>
■【接客サービス】【商品提供】【環境】【顧客満足】の4つのカテゴリー分類に焦点をあてる。
多項目にわたる調査項目を設計し、接客サービスに関する現状を浮き彫りにする。

■第3者評価による客観的な調査診断が行なわれることで、「身内びいき」「評価の甘さ」を排除する。
店舗の明確な改善指針を示すだけではなく、管理者の教育浸透度など多角的な評価分析が可能。

■浮き彫りとなった課題から、改善させるために、「何を」「どの様に」取り組むべきか進言する。
教育研修会社の立場から、課題解決に最適な人材育成方法もご提案可能。
 

<カリキュラム内容>

  • CS向上プログラム 電話・接客応対調査~研修実施までの流れ

    *本調査は以下の流れで実施いたします。
      調査期間は目安であり、ご要望の調査件数・集計分析の出し方等に応じ、変更いたします。
  • お客さま相談室・コールセンター部門 CS向上プログラム

  • クレーム対応力向上プログラム

    書籍「クレーム対応の全技術」を起点に、クレーム対応を実践的に身に付け、客観的に実力診断をすることで、自信がつきます。