HOME > マネジメントサポート > 「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得 > 06 目指すのはベテランではなく、
プロフェッショナル
なのです。

06 目指すのはベテランではなく、
プロフェッショナル
なのです。

2015年05月11日更新

kot001

あなたの職場にも、「ベテラン」と呼ばれる人が何人かいるでしょう。

勤続年数が長く、ルーティンワークに精通したあの人。誰かに指示を仰がなくても、自分で仕事を進めていける、「社内のことはおまかせの生き字引」です。

ただ、あなたはキャリアアップをやめてはいけません。現状に甘んじることなく、一歩踏み出してみましょう。目指してほしいのは「プロフェッショナル」

プロフェッショナルは資格や能力が必要なのではなく、同じ仕事でも、常に創意工夫をして改善を重ねてプラスαの付加価値をつけられる人、社外でも通用するスキルのある人です。どうしたらプロフェッショナルになれるのでしょう。

まずは、仕事を漫然とこなすのではなく、どうしたら仕事の質を高められるかという視点を持つことです。次は、社外のセミナーなどで、新しい知識や情報を自主的に収集。吸収した知識や情報は自分の仕事や組織に取り入れて活用し、仕事の質をアップデートしていくのです。

仕事を発展させる力を身につけて、自社だけでなく他社でも活躍できるプロフェッショナルになってください。


関連記事:




企業研修/公開講座/CS調査・診断/無料セミナーなど各種お申込み・お問合せ・資料請求はこちら 電話でのお問合せ:0120-929-906