マネジメントサポートグループ

試着について聞かれたときの3ステップ|英語と中国語

英語で試着について聞かれたときの3ステップ

洋服を見ているお客様から、試着の相談で声をかけられたときの会話例です。

試着について聞かれたときの 3ステップ

「キャナイ トライ ディス オン?」で「試着していいですか」。

「キャナイ トライ?」と略す場合もあります。

このように聞かれたら、「シュア」と言って案内します。

気をつけたいのは、海外では試着するときも靴を脱がない国が多いこと。

「プリーズ テイク オフ ユア シューズ」と言って靴を脱いでもらい、フェイスカバーを着けてもらう場合には、「ユーズ ア フェイス カバー」とご案内しましょう。

海外では、試着のときにフェイスカバーを使う習慣がほとんどありません。

お客様が使い方がわからない様子だったら「アイ ウィル ショウ ユー」と言って、使い方をお見せしましょう

そして「プリーズ レッミー ノー ウェン ユー アー フィニッシュドゥ」と言えば、着終わったときに知らせてもらえます。

 

中国語で試着について聞かれたときの3ステップ

洋服を持った中国人のお客様から、「ドゥイブチ」と声をかけられました。

用件を書いてもらうと、「想试穿(シァンシツゥアン)」。

「想(シァン)」は「~したい」で、「试穿(シツゥアン)」は「試着」の意味です。

試着を希望しているのがわかったら、試着室にご案内しましょう。

 試着について聞かれたときの 3ステップ

フェイスカバーを使ってもらうときには、「チンシヨンメンザァオ」とお願いします。

「メンザァオ」がフェイスカバーです。

そして、「ゼェヤンヨン」と言って使い方をお見せしましょう。

「ゼェヤン~」は、「このように~する」の意。

「ゼェヤン」+「ジェスチャー」で、「このようにやってください」という意図を伝えることができます

「ゼェヤンヨン」と言わなくても、「ゼェヤン」+「フェイスカバーを被る動作」で「フェイスカバーは被るもの」ということがお客様にわかるはずです。

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:簡単だから伝わる!語学力要らずの3ステップおもてなし術