コーチング研修

TRAINING
コーチング研修ページイメージ画像

研修概要

対象 管理監督職
期待される効果 1.コーチングの意義や目的を理解する
2.いままでのティーチングスタイルから違ったスタイルでのコミュニケーションが取れるようになる
3.相手に合わせた効果的な人材育成の方法を考えられるようになる
4.組織の活性化やモチベーションアップ
5自立型人材の育成

<カリキュラム内容>

  • 1.オリエンテーション

    ・研修の概要周知とねらい
    ・支援者としての使命/人は、何によって動くのか
  • 2.コーチングとは(ポイント講義)

    ・ティーチングとコーチングの違い
    ・指導内容に合わせた使い分け/能力に合わせた使い分け
    ・コーチング指導の考え方とポイント
     ①コーチングのスキル
     ②コーチングの手順を整理する
     ③評価とフィードバック
    ・コーチングを阻む要因分析
  • 3.自分の発言や行動が相手にどのような影響を及ぼすか

    ・自己のコミュニケーションスタイル分析(TA)
    ・コーチング指導の際に必要な自己理解と他者受容の考え方
    ・指導者として必要なリーダーシップとコミュニケーションスキル
  • 4.モチベーションと自立を促すコーチング指導法~事例演習とロープレ~

    ・部下のタイプに合わせた指導法
    ・非前向きなパートナーにどのように応答するか
     「このショップでは無理だと思います」
     「もう少し、現場のこともわかってください」 他

     ①アプローチの重要性と実際
      ・「話を聞いてくれそうだ」
      ・「親身になって支援くれそうだ」と思わせる要因
     ②社員の抱える問題の明確化と感情共有
      ・「私のことを分かってくれた」
      ・「私の力になろうと思ってくれている」を引き出す
     ③解決策への誘導とアドバイス、指示・伝達
      ・「相談してよかった」
      ・「今から直ぐに実行に移そう」を導く
  • 5.コーチング指導における効果と期待

    ・コーチング指導を成功させるには
    ・コーチング指導における自己目標と課題設定
  • 6.まとめ

CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>