発達段階別4つのキャリア研修

TRAINING
発達段階別4つのキャリア研修ページイメージ画像

研修概要

対象 全社員
期待される効果 社員の帰属意識を高めます
後進育成への貢献
優秀な人材の獲得

人も、組織も、
100年時代を生き抜く
キャリア研修が完成しました!

『発達段階別4つのキャリア研修』

発達段階別4つのキャリア研修の全体イメージ

20代から60代まで、活き活きと働くためのイメージはできていますか?
年代の変化に応じて具体的なキャリア観を描くことは、
個人の仕事人生を一生価値あるものにするだけではなく、
組織の活性化と発展にもつながります。

それが人生100年時代を生き抜くためのキャリアデザインです。

マネジメントサポートでは、仕事人生を年代と発達によって4段階にわけ、各段階に応じたキャリア研修を開発いたしました。

キャリア研修イメージ 4つの木

節目ごとのキャリアデザインで
生涯、市場価値のある人材を目指しましょう

あらゆる世代が働きがいを持てる組織作りへ!
今から、今こそ、キャリアデザインを始めましょう

発達段階に応じて求められる役割を認識し、自己の価値や働く意義を見出せば、自ずと働き方が変わっていきます。また、具体的なキャリア観を持つことは、企業への帰属意識を高めることにもなり、人材から「人財」への成長を促します。さらに、企業にとっては人財とノウハウの蓄積につながります。

キャリアデザインがもたらすもの(メリット)

<『発達段階別4つのキャリア研修』の特徴>

段階に応じたキャリア概念を形成するプログラム

■20〜30代(初期〜中期)・・・推奨年齢30歳
1.ビジネスパーソンの土台を形成する「キャリアプラン研修」
・キャリア形成へのアプローチ
 「WILL・CAN・MUST」でキャリアビジョンの土台づくりを行う
・目指すべき姿を明確化し組織貢献を知る
・今後の人生のためのキャリアをイメージする
<エドガー・H・シャインによる『キャリアの発達段階』を踏まえたアプローチ>

■30〜40代(中期)・・・推奨年齢40歳
2.自己の価値観とキャリアアップを融合させる「キャリアデザイン研修」
・自分の価値観に合わせたキャリアデザイン
 「価値観・欲求・能力」を軸にキャリア形成を考える
・ワーク・ライフ・バランスの考え方を学ぶ
・組織からの期待と自己の価値観を融合させる
<エドガー・H・シャインの『キャリアアンカー理論』を用いたアプローチ>

■50代(後期Ⅰ)・・・推奨年齢50歳
3.人生の折返しを見据えた新たなキャリアデザイン「ライフキャリア研修」
・スキル、人間関係、役職など自己資源を点検する
・個々の生活と職業を重ね合わせたキャリアを考える
・人生後半の役割を見据えたアクションプランを作成する
<ドナルド・E・スーパーの「ライフキャリア・レインボー理論」に基づくアプローチ>

■55歳以降(後期Ⅱ)・・・推奨年齢55歳
4.人生終盤の役割とやりがいを発見する「統合的人生設計」
・再任用、再雇用を見据えたマインドセット
・後進育成と社会的意義によって自己実現の領域を拡大する
・人生の4つの役割
 仕事、学習、余暇、愛を組み合わせた生きがいの創造
<サニー・ハンセンの「4つのLによる人生設計」に基づくアプローチ>

シニアの活用、50代後半〜60代の意識改革にも効果的

人材不足を背景に、再任用・再雇用といったシニア人材の活用が求められていますが、ここで障害になるのが、環境の変化によるモチベーションの低下です。マネジメントサポート が新たに開発した発達段階別のキャリデザイン研修では、環境や外的キャリアに左右されない新たな価値創造を促すプログラムによって意識改革をサポート。あらゆる世代が活き活きと働く組織作りを支援いたします。

<段階別キャリアデザインが企業にもたらすメリット>

①リテンション効果〜社員の帰属意識を高めます

価値観が多様化する時代では、ワーク・ライフ・バランスだけでなくキャリアサポートも重要視されます。多くの企業が人材の流出に頭を悩ませる中、個々の人生価値を尊重するキャリアデザインの導入は、社員の組織への帰属意識を高め、人材流出の防止につながります。

②後進育成への貢献〜組織からの期待を伝えます

仕事人生終盤でのキャリア形成は、役職や給与といった外的キャリアだけでなく、新たな価値観の創造が必要です。本研修では、余暇を含めた人生設計はもちろん、スキルや知識の継承という重要な役割に重点をおき、社会的意義も含めた自己価値の創造をサポートします。シニア層に向けた組織からの期待を伝え、ノウハウという知の財産の継承を目指しています。

③就活生へのアピール〜優秀な人材の獲得につながります

就職面接において、企業が学生にキャリアへの考えを問うのと同様に、学生も組織のキャリア支援に注目しています。人財の確保が難しい時代、キャリア研修の導入によって個々のキャリデザインをサポートする体制は、企業姿勢を表す上で重要なポイントになります。

<カリキュラム内容>

  • 1.キャリアプラン研修(初期~中期)

    研修のねらい
    ・キャリア実現は会社ではなく自身で切り開くことを認識する
    ・今後のキャリア形成の土台づくりを行う

    1.オリエンテーション
      研修目的とスケジュール

    2.キャリアビジョンを考える
     ①自身を取り巻く環境を認識する
     ②キャリアデザインを考えるアプローチ(WILL CAN MUST)
       組織におけるキャリアステップ
       キャリアの発達モデル
       ワーク・ライフ・バランスの正しい捉え方 
       キャリアの可能性を広げていくための手法

    3.社員としての現状分析と振り返り
     ・経験してきた職場と職務
     ・上司、周囲の期待
     ・自己資源の棚卸し
     ・仕事に対する姿勢(積極性、使命感、責任感)をみつめる

    4.『目指すべき姿』の明確化と組織貢献(次世代を担うリーダーとして)
     ・これまでのキャリアを組織の目標達成にどう活かすか
     ・具体的な行動のために何が活かされるか
     ・何を能力開発のポイントとするか
     ・ワールドカフェの実施

    5.今後のキャリアデザインとゴールの設定
     ・上司からの手紙
     ・目標設定のしかたとポイント
     ・キャリア形成とキャリア開発の為の自己啓発のポイント
     ・アクションプランシート作成(今後の行動計画)

    6.まとめ  質疑応答

  • 2.キャリアデザイン研修(中期)

    研修のねらい
    ・会社からの期待と自身のキャリアを融合する
    ・組織への貢献/組織におけるキャリアステップ

    1.オリエンテーション
      研修目的とスケジュール

    2.キャリアデザインを描く
     ・キャリアの発達段階/キャリアデザインを描くことの必要性
     ・〇〇社員としてのキャリアデザイン
     ・私のこれまでの業務と培ったキャリアについて
     ・これからのキャリアをどう考えるか

    3.現在のキャリアの分析
     ・キャリアに対する考え方や捉え方の整理
     ・キャリアの拡大と、その必要性

    4.自身の価値観を知る
     ・業務領域の興味/業務選択での私の価値観
     ・キャリア・アンカーの8つのカテゴリー
     ・個人的価値観傾向の自己診断
     ・個人的価値観傾向の自己診断表の振り返り

    5.自己課題の設定 ~〇〇の役割期待に応える~
     ・求められる能力とは
     ・自己の強みと弱みの分析
     ・〇〇社員としてチームへ貢献するための能力要件と開発
     
    6.今後のキャリアデザインとゴールの設定
     ・目標設定のしかたとポイント(半年~3年後に向けて)
     ・キャリアデザインシートの記入
     ・キャリアデザインシートの振り返りの必要性

    7.まとめ  質疑応答

  • 3.ライフキャリアデザイン(後期Ⅰ)

    研修のねらい
    ・自身がこれまで辿ってきた道筋を考える
    ・定年までの15年をどのように生きるかを設計する

    1.オリエンテーション
     ・研修の目的/研修の進め方
     ・退職後は、どう生きたいですか
     ・50歳からのライフキャリアデザインは、これからの人生をどう生きるかの準備

    2.現状分析Ⅰ ~自分への気づき~
      自我状態/人生態度/使命感と幸福/自己資源の点検

    3.現状分析Ⅱ ~他者への気づき~
     ・家族との関係/職場での人間関係/友人・知人との関係
     ・集団の中でどう生きるか

    4.「ライフキャリア・レインボー」という考え方
     ・ライフロール8つの役割
     ・ワールドカフェの実施
     ・人生の目標 ~これからの職場人生と定年後の30年を考える~
     ・ワーク・ライフ・シナジー(相乗効果)実現のために
     
    5.50歳からのライフキャリアデザイン 
       ~仕事、個人生活両面でのありたい姿(ビジョン)の明確化~
     ・キャリアの棚卸し/自己の特性把握/コアコンピタンス
     ・個人が所有する知識・信念(ビリーフ)を再確認
     ・自己の役割を認識/働く目的の明確化
     ・ライフキャリアデザインシートの作成と完成
     ・アクションプラン(自己啓発課題)の設定

    6.心身の健康について考える
     ・生活習慣の見直し
     ・ストレス分析と対処法

    7.まとめ 質疑応答

  • 4.統合的人生設計研修(後期Ⅱ)

    研修のねらい
    ・余暇に目を向け外的キャリアだけではないやりがいを見出す
    ・知の財産を後進に継承することで次なる人材が育つことを認識する

    1.オリエンテーション
      研修の目的/研修の進め方

    2.これからの自分を知る
     ・取り巻く環境の変化を知る
     ・これからが自己実現~これからの「生きがい」を考える
     ・これからのキャリアアップ
     ・ベストジョブとワーストジョブ 
        ~自分に書く履歴書~

    3.これからの私たちに期待される立場と役割 
     ・これからも働くことへの不安  ~期待されること、力を発揮できること~
     ・組織への貢献  ~「宝の持ち腐れ」にしない~
     ・フォロワーシップを発揮する  ~パワーコミュニケーションからの脱却~
     ・組織内でもっとも大事なチームコミュニケーション
     ・感情のコントロール 

    4.統合的人生設計と言う考え方  ~4つのLからなる役割~
     ・仕事×学習…学びにあてる時間の確保、学んだことを仕事に活かし、生産性を上げる
     ・学習×余暇…余暇の過ごし方を、単なる「娯楽」から学びのある「趣味」に変える
     ・余暇×愛 …余暇を家族と過ごす
     
    5.まとめ 質疑応答

CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>