【顧客対応向上編】カスタマーハラスメントへの対応実践編

TRAINING
【顧客対応向上編】カスタマーハラスメントへの対応実践編ページイメージ画像

研修概要

対象
期待される効果 現場で難渋するクレーム対応の分類と、現場責任者、現場監督・工事施工者としてどのように対応すべきか、その心構えやスキルを検討します。

難渋クレーム」とは、お客様対応や近隣クレームにおいて、解決策の提示に苦慮する案件です。
本研修は、「難渋クレーム」を3つの分類に分けて学習します。
➀ 不当な要求を不当な手段で訴えてくる悪質なクレーム
② 不当な要求を執拗に訴えてくるモンスタークレーム
③ 対応者の性格や経験則が弊害となって、一般のクレームを難渋化さ   せている案件
~➀②は昨今ではカスタマーハラスメントということで社会的な問題にもなっています。➀②は社員ひいてはお客様の安心安全のために、しかるべき対策を打っていく必要があります。
③は、本来、正当なお客様のクレームを、担当者自身がこじらせてしまっている状況です。
ただ、➀②③は、切り分けが非常に難しい側面があります。今回の研修では、➀②と③の切り分け方や対応の知識とスキルを磨いていきます。
 

<カリキュラム内容>

  • 1.オリエンテーション

     ・研修の目的/概要周知
  • 2.「カスタマーハラスメントの概論理解」

      ・カスタマーハラスメントとは
      ・カスタマーハラスメントの主な言動
      ・カスタマーハラスメントをなぜ起してしまうのか
  • 3.不当な要求を不当な手段で訴えてくる悪質なクレーム -事例研究-

     ・傾向と対策の検討
  • 4.不当な要求を執拗に訴えてくるモンスタークレーム -事例研究&ロールプレイング-

      ・モンスタークレームの傾向
      ・一般クレームとモンスタークレームの見極め方
      ・火に油を注がないクレームの基本原則
      ・シフトチェンジ対応
  • 5.シフトチェンジ対応の留意点

     ・三段階で留意する
  • 6.質疑応答・.本日のまとめ

CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>