コラム

コラムイメージ画像

こんにちは、リサーチサポートです!

こんにちは、営業担当Yです。  

 

突然はじまりました、リサーチサポートの情報コラム。
このコラムでは、CSやCX向上を目的に研修や調査を検討したい!情報収集したい!お考えの企業・組織の皆様へ、弊社の商品や様々な情報をお伝えしていく予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。 

 

◆ごあいさつ

さて、今回は初回ということで、弊社リサーチサポートの紹介からさせていただければと思います。   

 

リサーチサポートはマネジメントサポートグループの中でも、CS/CX向上研修や調査に特化した会社として設立いたしました。グループ全体29年の実績やこれまでのノウハウを元に、企業・組織がお客様満足を戦略的に創り続ける経営をできるように、人財教育の視点からさまざまなご支援しています。 

 

具体的には…
・教育研修の企画・実施
・各種調査・電話実力診断・店舗窓口診断
・組織戦略の設計
・各種マニュアル、ツールの企画・製作・販売
etc.

と、CS/CXに関するコンサルティング業務を一貫して担っております。
(具体的な内容については、次回以降でご説明をさせていただきますね。) 

 

マネジメントサポートとの違いは何?とよくお客様からご質問いただくのですが、マネジメントサポートは階層別研修全般を承っている会社リサーチサポートはお客様満足向上に向けた施策をトータルサポートしている会社と捉えていただければ間違いないと思います。 

 

◆弊社の特徴

昨今はサービスが多様化し、人対人でやり取りをせずに済む方法も増えてまいりました。特にここ数年はAI技術の発達が凄まじく、通常の問い合わせであれば、チャットボットで済んでしまいます。 

 

けれども…それと比例するようにお客様からのご要望の難易度も高まってまいりました。つまり、難易度の高いご要望を解決することが窓口担当の方やコミュニケーター等の応対者の役割になってきたということです。       

 

この求められる“役割”(=スキル)は企業・組織により様々…そのため弊社は次のこだわりをもっています。
 
1. 徹底的に現場に合わせた「現場リサーチ・オーダーメイド」
企業・組織の数だけ「問題」「課題」が存在するのであれば、その「問題」「課題」を解決する「研修」でなければ意味がありません。
主観的ではなく、客観的な事実を捉え、「何を」「どうするのか」という具企業・組織の現状を把握し、問題解決のための研修プラン策定・実施します。

 

2. 現状把握・効果測定をはかる独自の調査・診断
主観的ではなく、客観的な事実を捉え、「何を」「どうするのか」という具体的な「事実」を共有し、『成果に向けて効率よく進む』 教育のご提案をするために独自の診断ツールを適宜活用し、組織目標の達成へ向け確実に成果をあげる教育設計を行います。
 
3. 講師の質の高さを維持できるシステムを導入!経験・実力・実績ともに優れた講師陣
母体が研修会社だからこそ、質の高い講師陣を取り揃えております。現状の課題解決に最適な講師を選定し、研修や調査を実施します。
 
4.研修以外のツール支援
社内業務または各種応対方法について、マニュアル、DVD、教育ツールなどの委託制作を承っています。業務の品質向上やコスト削減などを実現します。
 
ありきたりの言動はお客様の心を揺り動かすことに繋がらず、成果の出ない関わりは、応対者のやる気や達成感を失わせてしまいます。
リサーチサポートでは、「あるべき姿」を唱えるだけの研修・調査ではなく、一人一人の潜在的な人間力を引き出すため、実践的な研修と独自の診断ツールを駆使し、具体的な事実を捉えながら、組織目標の達成へ向け総合的にご支援いたします。 

 

ぜひ応対品質向上のための研修や調査などをご検討の際には、リサーチサポートまでお問い合わせください。皆様の課題解決のためのお力になれるよう努めさせていただきます。
 
簡単ではありましたが、弊社リサーチサポートについてご紹介させていただきました。
次回は「リサーチサポートの調査」についてご紹介いたします!
古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>