HOME > 階層別研修 > ストアマネジメント研修

ストアマネジメント研修

売上高構造の再点検・顧客データの再点検等日常の振り返り
具体的な店舗データをもとに課題への対応方法の習得

ストアマネジメント研修

この研修の主な対象者

◆ストアマネージャー等

概要

icon自身の営業活動を数値データで振り返っていただきます
iconある不振店舗のデータを例に、具体的なストアマネジメントを指導致します
icon数値データの活用について習得していただきます

ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906

ストアマネジメント研修(参考例)

1売上高構造の再点検
・売上高は結果 客数×客単価のブレイクダウン
・売上高の構造とストアオペレーションの意味
・売上高の構造分析と数値の見方
1商品効率の再点検(部門データ)
・荒利益率と商品回転率
・商品効率とストアオペレーションの意味
・商品効率の分析と数値の見方
1営業利益の再点検
・損益計算書入門
・損益分岐点売上高の考え方
・利益源泉への着目
・販売生産性
1顧客データの再点検
・一見客の取り込み
・顧客名簿と記入内容
・SAランク顧客の把握とアプローチ
・RFM顧客の考え方
2データ事例研究(ある不振店舗)
・データ解説
・ディスカッション 課題の整理、問題点の本質
・課題への対応 優先順位付け
2数値データの活用
・小売業は小さな商いの積み上げ
・仮説検証の考え方
・数値・データとの付き合い方
・小さな目標、小さな達成の繰り返し
ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906
わかりやすかった
いろいろな事例で詳しく説明をいただいたのでわかりやすかったです。
(入社3年目 女性)
数値データの読み取り
数値データから読み取るのが苦手でコンプレックスでもあったのですが、今回で払拭できました。ありがとうございます。
(入社5年目 男性)
いい刺激をもらいました
ディスカッションなどもあり、いい刺激をもらいました。
(管理職 男性)

問い合わせから研修日までの流れ

問い合わせから研修日までの流れ
クレームを宝に変える
クレーム対応の全技術
採用情報
2018年新卒専用サイト
「ハル育」貼るだけの社員育成プログラム
メールマガジン登録

マネジメントサポートSNS

Facebook twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPページへ戻る