HOME > 新入社員研修 > 社会人基礎力研修

社会人基礎力研修

IT化が進む中「新しい価値の創出」をするための社員になるための意識改革
内定者新入社員入社1年〜5年目の社員におすすめです。

社員力アップに特化した画期的なプログラム。ロールプレイングを通して自ら考え、行動する力を実践を通してしっかりと身につけて頂きます。教育ご担当者様はもちろんのこと、実際に社会人基礎力を習得したい方向けの講座です。

この研修の主な対象者

◆内定者から入社1~5年の方

概要

職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な、基礎的な力を鍛える

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、経済産業省が2006年から提唱しているものです。
IT化やグローバル化が進み、企業や若者を取り巻く環境が変化する現在において、「基礎学力」や「専門知識」に加えて、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を育成していくことが今まで以上に重要となってきています。 加えて「コミュニケーションがうまく取れない」、「持久力がない」、「自ら行動を起こさない」など、教育ご担当者様から寄せられるお悩みの声を背景に、マネジメントサポートでは本研修プログラムを開発いたしました。 内定者から入社1〜5年目の社員におすすめのプログラムです。

ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906

新人〜若手社員・職員向けの速習研修プログラム

経済産業省が提唱する3つの能力と12の能力要素「前に踏み出す力(主体性、働きかけ力、実行力)」、「考え抜く力(課題発見力、計画力、想像力)」、「チームで働く力(発進力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、規律性、ストレスコントロール力)」において、社会人基礎力の理解と習得をしていただきます。

●特長と進め方
・12の能力要素の理解
・個々の要素を実践コミュニケーションで体得
・個々の要素の職場での展開活用機会の検討

社会人基礎力速習研修【基本例:1日コース】

1オリエンテーション
「社会人基礎力とは」——社会人基礎力の理解と習得
1前に踏み出す力
1、主体性とは何か
 ・主体性の体感とアクションプラン作成
2、働きかけ力とは何か
 ・働きかけ力の体感とアクションプラン作成
3、実行力とは何か
 ・実行力の体感とアクションプラン作成
1考え抜く力
1、課題発見力とは何か
 ・課題発見力の体感とアクションプラン作成
2、計画力とは何か
 ・計画力の体感とアクションプラン作成
3、創造力とは何か
 ・創造力の体感とアクションプラン作成
1チームで働く力
1、発信力とは何か
 ・発信力の体感とアクションプラン作成
2、傾聴力とは何か
 ・傾聴力の体感とアクションプラン作成
3、柔軟性とは何か
 ・柔軟性の体感とアクションプラン作成
4、状況把握力は何か
 ・状況把握力の体感とアクションプラン作成
5、規律性とは何か
 ・アクションプランの作成
6、ストレスコントロール力とは何か
 ・アクションプランの作成
1今後の展開活動の示唆
1質疑応答、まとめ
ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906
理解していたつもり
今まで、自分で理解していたつもりでも、全く基礎がないということが分かりました。非常に満足しています。
(入社1年目 女性)
この講座を思い出して頑張ります
不安だらけな社会人生活ですが、この講座を思い出しながら頑張りたいと思いました。
(入社1年目 男性)
社会人のマナーの基礎
社会人のマナーの基礎を知ることができ満足しております。
(入社1年目 男性)

問い合わせから研修日までの流れ

問い合わせから研修日までの流れ
クレームを宝に変える
クレーム対応の全技術
採用情報
2018年新卒専用サイト
「ハル育」貼るだけの社員育成プログラム
メールマガジン登録

マネジメントサポートSNS

Facebook twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPページへ戻る