濱田桃子のワーク・ライフ・バランスing

 マネサポグループのコラム、新企画が始まりました!
 リサーチサポートのCS推進事業部係長、濱田桃子がトライする働き方改革、「ワーク・ライフ・バランス ing」です。
 2018年2月に結婚した濱田は、ワーク・ライフ・バランスの調和を目指して、10月から始業時間を早めて仕事をしております。
このコラムでは、そんな濱田の様々な工夫、心境をレポートしていきます。
 2017年、入社4年目で係長となり、現在はリサーチサポートでCS推進の営業を担当する濱田、前編となる今回は、働き方改革に至った経緯について聞きました。
前編:新米主婦と係長の両立スタート!
イメージ
—まず聞きたいのは、仕事についてどう考えていたか、
 結婚してからもずっと続けていきたいと思っていました?
 はい、入社したときからずっと思っていました。うちは女性社員が多いですが、みんなどちらかと言うと仕事が優先です。結婚が決まったとき、自分は器用じゃないし、料理が得意でもないし・・・。そんな私でも仕事も家事も頑張って、不器用でも頑張れる主婦係長第一号になれたらと思ったんです。
 女性活躍推進をサポートする会社としてケーススタディになれたらいいなと。
 とは言っても、古谷社長のように、仕事も家事もフルで両立させるには、まだまだ自分は力不足。早く帰ろうと思ってもなかなかうまくいかない日が続いていました。
—結婚してからも残業することが多かったんですか?
 残業といっても短い時間ですが、主人の方が先に帰宅していることが多くて。私は帰宅してから手早く料理ができる方でもないので、「じゃ今日はお弁当で」「今日は外食する?」となって、体にも家計にも良くないなと。それで、リサーチの深海社長に相談したところ、「私も気になってたのよ」と言ってもらって。
—また残業してるなぁ、と見ていらしたんですね。相談したのはいつごろ?
 5月です。それから古谷社長にも相談して、会社で検討してもらうことになりました。就業規則の変更や残業手当をどうするかなど、会社としても初めてのことだったので。
 思い切っての相談だったんですが、肯定的に検討してもらえて心強く思いました。
—そして、就業時間が変わったのは今年の10月から。
 以前は9時半出社だったのが、8時出社で5時退社。ひと月たっての実感はどうですか?
 私は朝の方が合っているかも。以前は、朝も夕方も通勤電車で眠くて、ちょっとでも座って寝たいと思っていたのが、いまは平気! 居眠りしてません。
—朝早くなったのに、眠くない?
 朝5時半に起きてますが、夜早めに寝ることもあって、シャキッと目が覚めます。規則正しい生活になったのがよかったのかも。通勤時間も有効に使えるようになりました。
—具体的には通勤中は何をしているんですか?
 リサーチサポートの営業メンバーでは毎日の業務を、Yammerの社内限定公開のSNSを使って、「今日のTo Do」ということで共有しています。そのリストを朝の通勤中に作成しています。
イメージ
—出勤前に、「今日のやることとリスト」ができあがっているんですね。
 はい、リストの後は読書タイムです。To Doができ上がっているので、会社に着くと、すぐに仕事を始められるようになりました。いまは、8時前に出社して、まずは掃除をしています。8時までの時間をいかにうまく使うかが目下の課題です。
—朝、デスク周りを掃除するんですか?
 以前読んだ本で、「ビジネスパーソンは年間150時間も勤務中に探しものをしている」とあって、びっくりして。まずは整理整頓して、時間を大事にするところから始めようと。
—探す時間は減りました?
 はい、何がどこにあるのか管理できるようもなったし、掃除してデスクがスッキリしてると気持ちがいいです。このサイクルを始めてひと月経ちますが、体が元気になった気がします。
—朝ごはんもちゃんと作っているのですか?
 毎日ではないですが出来る時はご飯を前の夜にセットして、古谷社長にいただいた出汁パックとお味噌でお味噌汁も作っています。そのほか卵やベーコンなどタンパク質も。ごく簡単なものですけど(笑)。
 ちゃんと寝て、朝早く起きて、ぐっすり寝ることで、昼食後も眠くならなくなりました。
 それとToDoリストを順番に片付けていくことで、少しですが、仕事のスピードも上がったように思います。
—リスト化すると、やる気も湧きますよね。
 To Doリストは、朝礼で発表して、全体で管理していますよね。
 チームで共有することで、漏れや抜けが防げますし、課題がちゃんと頭に入ります。以前は残業すれば何とかなるかと思っていたのが、何ごとも時間を意識するようになりました。
 個人的なことで就業時間の見直しをしてもらって、バックアップしてもらっているわけですから、頑張らないといけません!
 成果のほどは、まだまだこれからのようですが、早寝早起き、掃除、To Doリスト、通勤時間の活用で、濵田は元気に仕事ができている様子。日々の業務は、メンバーで課題ファイルを共有し、効率化を図っているとか。
 次回は、そんな効率化の話も聞いていきたいと思います。
 ご期待ください!
後編:すき間時間を活用したら、一歩先に仕事が進む