今、やってはいけないシリーズ!! /環境変化に効く1ミニットワクチン

TRAINING
今、やってはいけないシリーズ!! /環境変化に効く1ミニットワクチンページイメージ画像

研修概要

対象
期待される効果 マネジメントサポートは設立以来30年、企業のCS経営を支援する施策としてサービス品質調査を手掛けてまいりました。その調査から見えた「顧客とのコミュニケーション」の良し悪しに影響を及ぼすのは、「社員間のコミュニケーション」であり、鍵を握っているのが、エンゲージメント力です。

エンゲージメント力とは、「個人と組織が一体となり、互いの成長に貢献しあう関係構築力」であり、組織を取り巻く環境変化や人材流出、離職防止の歯止めの施策として関心が高まっています。
その関係構築力のコアスキルともいえる「伝える力」と「聴く力」にマネジメントサポートは、改めて着目しています。
 

「やってはいけないメンター6つの言動」研修

「やってはいけないメンティー6つの言動」研修

やってはいけないメンター6つの言動、やってはいけないメンティー6つの言動は、メンター、メンティーがやってはいけない日常を切りとった動画で、どのシーンもわすが1分です。
簡単なやり取りの中に、とても大切で、互いの関係をよくするワクチンが入っています。
せび、ОJT指導、新人研修、新人フォローアップ研修にご活用ください。

メンターとメンティの関係性は、「5年違うと時代は違うで分かり合えない」「同じ世代で共通言語があり“なあなあ”になりやすい」「(メンター)自分が精いっぱいVS(メンティー)取り残される」など、様々な要因で、関係がギクシャクしたり、うまくいかなくなることも想定されます。

さらに、テレワークが主体となれば、直接会って話したり、昼食をともにするなど人間関係構築ができないまま、画面越しに信頼関係を築くのは、かなり難易度が高いと感じるメンター、メンティーがいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、本研修は、テレワークを主体としたメンター、メンティーのやってはいけない日常を切り取った動画を活用して、メンターメンティが共に協働しながら成長できる3時間プログラムです。

<カリキュラム内容>

  • シリーズ1「やってはいけないメンター6つの言動」研修

    1.オリエンテーション
     ・研修のねらい
     ・コミュニケーションの鍵を握るエンゲージメント力とは

    2.メンターの役割と責任には重い!!
     ・何気ない言動がメンティーのやる気を削ぐとき
     ・ついやってしまう言動が、取り返しのつかない関係になるとき

    3.やってはいけない6つの言動
      (動画視聴、個人ワーク、グループディスカッション、発表、ロープレ)
     
     ダメ1 いやっ、それって趣味?!・・・ 
     ダメ2 いやっ、悪い。音信普通になっちゃったね(笑)・・・
     ダメ3 いま、なにやってるんだっけ?・・・
     ダメ4 ここ、違うよね。大丈夫?!・・
     ダメ5 これって、前にも話したよね
     ダメ6 慣れるまではしょうがないか・・・



    4.自分自身のメンター傾向と対策
     ・動画視聴を通して内省したこと
     ・明日からの課題

    5.質疑応答・まとめ
  • シリーズ2「やってはいけないメンティー6つの言動」研修

    1.オリエンテーション
      研修のねらい

    2.一日も早く自律するメンティーになるために!!
     ・何気ない言動がメンターのやる気を削ぐとき
     ・ついやってしまう言動が、取り返しのつかない関係になるとき

    3.やってはいけない6つの言動
      (動画視聴、個人ワーク、グループディスカッション、発表、ロープレ)
     
     ダメ1 今日は宇宙からテレワークです。
     ダメ2 ちゃんとメモはとってます。 
     ダメ3 朝は苦手っす・・・ 
     ダメ4 じゃあ、どうすればよかったんですか・・・
     ダメ5 これ、やんなきゃいけないのかな・・・
     ダメ6 同じ質問、同じミス?!・・



    4.自分自身の言動傾向と対策
     ・動画視聴を通して内省したこと
     ・明日からの課題

    5.質疑応答・まとめ

マネジメントサポートグループの研修は、対面・オンラインどちらでも実施が可能です。
オンラインで実施する場合でも、下記のような機能を用いながら、主旨を最大化するために
講師と弊社の事務局が運営をサポートします。


CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>