【オンライン研修】玉井江の特別講義「テレワーク時代に いかに組織をまとめるか」

OPEN LECTURE

講座概要

対象 管理職・人事責任者
日時 2020年11月26日(木)10:00~11:30
受講料 2,727円(税別)
講師 玉井 江 (マネジメントサポートグループ 経営戦略室 人事統括)
会場 インターネット環境のある場所でどこでも受講可能です

講座内容

  • 今だから「経営理念」の浸透を!テレワーク時代にいかに組織をまとめるか

    「社員は家族」のようなものというのも、今は昔の感があります。
    気持ちはそうであってほしいし、今でも変わらない、一方その言葉の背景には苦楽を共にして、人生のある時期一番多くの時間を過ごす場所としての物理的なものがあったからなのかもしれません。

    成果主義の浸透、終身雇用の終焉、「働き方改革」など組織を巻き込む大きな潮流の中で、今年の新型コロナウィルス感染拡大は、組織マネジメントにおいても大きなインシデントとなりました。

    テレワークや時差勤務などが定着していく中で、いろいろな調査やアンケートにおいて、「生産性が上がった、下がった」「コミュニケーションが希薄になった、活発になった」「孤独を感じた、プライベートが侵害される」「このままテレワークを続けたい、やめたい」などの意見が上がっています。

    組織間での連携がとりにくいなどマイナスの側面は、成果主義に基づいた役割や業務の分業化が進む要因となるかもしれません。

    これまで社員をつなぎとめていた会社という「場」でのコミュニケーション機会が減少する中で、組織としての目的を共有し、1つにまとまり、強い会社を永続的に発展させていく礎をつくる。今、経営者、経営幹部、管理職に求められている課題です。

    「経営理念」の浸透はこんな時代だからこそ、なおさら重要なテーマであると言えます。物理的なつながりが薄れる今、精神論ではなく明確な形(もの)としての理念をいかに社員に浸透させ、目的が共有され成果を追求できる組織作りが求められています。
  • テーマ

    1. アフターコロナ、New Nomal下で経営理念の役割
    2. 経営理念浸透へのプロセス
    3. オンラインコミュニケーションで熱意は伝わるか
    4. コミュニケーションのパイプラインをどう活用するか
    5. これからの経営者、管理職に求められる「発信力」
  • カリキュラム

    1. アフターコロナ、New Nomal下で経営理念の役割
    2. 経営理念浸透へのプロセス
    3. オンラインコミュニケーションで熱意は伝わるか
    4. コミュニケーションのパイプラインをどう活用するか
    5. これからの経営者、管理職に求められる「発信力」
    6. まとめ

【受講料】
1名様につき 3,000円(税込)

【受講料振込み先】
銀 行 名 :三菱UFJ銀行 蒲田駅前支店
口座番号:普通 3774652
口 座 名 :株式会社マネジメントサポート
※誠に恐れ入りますが、振込み手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。

【お申込み・照会先】
マネジメントサポートグループ
公開講座事務局担当 羽賀井
TEL:03-5418-4600 FAX:03-5418-4661
電子メール info@ma-support.co.jp

【受講申込み上のご注意】
受講お申込み受付は先着順とさせていただきます。
講座の応募状況により、講座の中止及び受講定員を変更させていただくことがございます。
弊社都合で講座が中止となった場合は、お支払いいただいた受講料の全額を返金いたします。

【キャンセル規定】
当日:受講料の100%
前日:受講料の100%
7日前:受講料の70%
14日前:受講料の50%
※ご返金の際の振込手数料はご負担願います。

【受講料のお支払いについて】

指定の銀行口座に受講料のお振込をお願いいたします。
その際は、以下の期限までにお支払いをお願いいたします。
個人でのお申込み:お申込みいただいてから、5日以内にご入金ください。
法人でのお申込み:講座前日までにご入金ください。
支払いサイト上、事前のご入金が難しい場合は別途ご相談ください。

会場案内

会場名

インターネット環境のある場所でどこでも受講可能です

所在地

※研修はZOOM(r)にて実施させていただきます。
※ZOOMはZoom Video Communications, Inc.の米国および
       その他の国における登録商標または商標です