コラム

コラムイメージ画像
簡単だから伝わる!語学力いらずの3ステップおもてなし術

Lesson13 三分咲きの笑顔でOK! 世界に通じる笑顔の効き目

 それではステップごとに説明を始めましょう。おもてなしの最初のステップは、「『お手伝いします』の意思表示をする」こと。その前提として、私たちがお客様から見て、声をかけやすい雰囲気であることも大切です。

 そこで大切なのが笑顔です。言葉がわからなくても、お客様の国の文化や習慣を知らなくても、笑顔は私たち誰もができるコミュニケーションツール。世界中の人たちに、あなたを受け入れているということを伝えられるのです。

三分咲きの笑顔でOK画像

 
 難しそうな顔をしていたり、下を向いている人には、声をかけにくいですよね。顔を上げて笑顔で、「困っていることがあったら、なんでもご相談ください」という姿勢を表現してみましょう。

 常に「満面」の笑みでいる必要はありません。満面の笑みはときに、お客様に急かすような印象を与えてしまいます。そもそも、人はずっと満面の笑顔ではいられませんね。疲れて、ふっと無表情になったところをお客様に見られては逆効果です。

 おすすめしたいのは、満面の笑顔ではなく、三分咲きの笑顔。歯を見せずに、少し口角を上げて、軽く微笑む程度の笑顔でいることです。私たちは仕事をしているとき、常にお客様から見られています。三分咲きの笑顔は自然で親しみやすく、お客様も私たちに声をかけやすくなります。

 まずは三分咲きの笑顔を絶やさずにお客様が声をかけやすい雰囲気をつくりましょう。お客様と接することになったら五分咲きの笑顔にアップします。

 
 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:簡単だから伝わる!語学力要らずの3ステップおもてなし術

CONTACT

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>