新入社員研修 〜仕事現場ですぐに役立つマナー&スキルの完全版!〜

TRAINING
新入社員研修 〜仕事現場ですぐに役立つマナー&スキルの完全版!〜ページイメージ画像

研修概要

対象 2019年 新入社員
期待される効果 1.早期戦力化
2.モチベーションアップ
3.ビジネスマナーの習得
4.コミュニケーション力の向上
5.学生からの意識と行動の変容

40万人以上の新入社員を育てたマネジメントサポート だからできる!
<新>体験型新人研修とは?

教育ゲーム・コミュニケーションゲーム・ワークショップなど
「やってみる」から「できる」!!
マネジメントサポート が独自開発した体験型研修です。

マネジメントサポートの新入社員研修は、受講者の行動特性に基づいた実践型のトレーニングです。個々のやる気を引き出しながら社会人の基礎となるスキル&マナーを徹底指導します。

<TREND>

450クラス1万5000人の指導で分かった
2018年度 新入社員の傾向とは?

マネジメントサポートでは、毎年春に実施した新入社員研修すべてにおいて、担当講師が研修レポートを作成しています。(2018年度は450クラス)現場を担当した講師が受講者をどう見て、何を感じ、どんなことに気づいたか、キーワードを抽出しながら近年の新入社員の行動特性を分析しています。

2018年の新入社員の特性、行動傾向

  • ・特徴は? →→→ 素直 真面目 甘い 幼い
  • ・足りない点は? →→→ 活発さ
  • ・近年下降している要素は? →→→ 集中力
  • ・評価したい点は →→→ 自信を持っている

「人並み以上に働きたいか」という質問に対しては、半数以上の57.6%が「人並みで十分」と、回答しています。(2016年度は53.5%)、2017年度は58.3%)この数字からは、意欲が薄いようにも見えますが、講師全体の印象としては、「素直で真面目」。どのクラスでもカリキュラムにも真摯に取り組む姿が目立っていました。

新入社員の傾向グラフ

一方で、行動力にもつながる「活発さ」は下降気味で、「やや腰が重たい」という印象が伺えます。学習に対する意欲の表れでもある。「前向きさ」、集中度合いを示す「真剣さ」は、下降線をたどっており、ともに2015年を下回っています。

新入社員の傾向グラフ

多くの講師から寄せられたキーワードは、「甘い」「幼さ」。人手不足、内定率の高さなど社会環境の変化が影響している可能性があります。また「幼さ」というキーワードは、単発的な行動の現れとも言えます。
一方で、2012年から上昇傾向にあるのが「自信」があること。就職活動の順調な歩みが、気持ちを後押ししているのでしょう。また、「決める」という行動については、2012年から下降気味となっています。

これらの行動特性から、マネジメントサポートが目指すのは、
「自燃自走型」の人材育成です

これまでに実施した2万5000回の研修をベースに、現在の新入社員に対して、より結果が上がる、効果のでる研修プログラムを構築しました。それが、「自燃自走型の人材育成」です。学生気分の「甘さ」「幼さ」は残るものの、物事には「真面目」に取り組み、「自信」もあるという新入社員に対しては、明確な目標と評価を与え、自信に基づく有能性を生かして、自ら動く「自燃自走型」に導くことがポイントです。

2019年の新入社員教育カリキュラムのポイント

1.社会人としての行動規範や判断基準を徹底指導
「素直さ」「真面目さ」を生かしながら、社会人の原理原則をラベリングする

2.実践形式の研修で参画意識を高め、会社の一員としての当事者意識を持たせる
グループワーク、少人数での体験型トレーニングで現場力、実践力を養う

3.明確なゴール設定で、成果を見える化
ゴールと評価を明確にすることで、自ら動き、実践することの重要性を理解

4.コミュニケーションを磨くトレーンングで人間関係への苦手意識を克服
受講者同士のコミュニケーションを密にするトレーニングと指導者からのフィードバックによって、人間関係に対する耐性を強化する

5.「自信」に基づく有能感を維持し、自走させるプログラム
「やって見せて、言って聞かせて、体験させて→ほめる」3プラス1のプロセスをたどることで、自信を高め、積極性を養う

指示されないと動けないのは「他動型人材」
周囲の応援がないと動けないのは「可燃型人材」

マネジメントサポートが育てる自燃自走型人材とは?
与えられたことだけをやるのではなく、自分で目標を見つけ努力できる人。
自ら燃えて、自ら走ることのできる積極的な人材育成を目指しています。

自燃自走型人材説明図

<カリキュラム内容>

  • 1.企業人としての自覚を身につける

    ①「働く」とは何か? 意識の醸成
    ② 会社が新入社員に期待していることを知る
    ③ビジネスパーソンとしての「心構え」を知る
    ④「学校社会」と「企業社会」の相違点を知る
  • 2.社会に必須のビジネスマナーを身につける

    ①第一印象の重要性、好印象のポイントとは何か?
    ② 良好な人間関係の築くために必要なことは? 
    ③ 心を形に「見える化」する方法
    ④「感じがいい人」になる挨拶のテクニック 体験型
    ⑤敬語の重要性を知る、正しい敬語の使い方、今どきのマナー
  • 3.電話は仕事の基本である

    ① 企業イメージをあげる応対
    ② 電話での留意点を知ろう
    ③ 受け方、かけ方、取り次ぎ、伝言メモの書き方体験型
  • 4.来客応対でチャンスをつかむ

    ①お客様への応対方法
    ② お迎えから見送りまでのマナーをマスター体験型
    ③名刺交換、紹介の仕方体験型
    ④ 会議室、応接等での席順を覚えておこう
    ⑤ 会社のイメージをダウンさせる応対のタブーとは?
  • 5.仕事の基本を学ぼう! 職場の「報告・連絡・相談」

    ① 仕事の基礎・進め方
    ②ワンランクアップ!質の高い仕事とは何か?
    ③新入社員に必須・その1:正しい指示の受け方体験型
    ④新入社員に必須・その2:正しい報告の仕方体験型
  • 6.実践!メール&ビジネス文書

    ①意外と知らないメールのマナー、知っておきたいビジネス文書
    ・ビジネス文書の基本
    ・Eメールの特性を理解した活用
  • 7.研修の最後に〜決意表明

    「わたしのここに期待してください」
    講師からの評価&フォロー
  • 8.質疑応答・まとめ

「受講できてよかった!」参加者の声

実績インタビュー

<費用>

■講師派遣型研修<貴社に講師が伺って研修いたします>
1日研修:20万から30万(内容によってカスタマイズいたします)
2日間研修:40万から60万(内容によってカスタマイズいたします)
半日研修、2日間以上についてはご相談ください。
テキストの印刷、製本については別途1名2,000円がかかります。
人数、内容等ご相談にお応えします。以下までお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-929-906 9:30~18:30