問題解決研修

TRAINING
問題解決研修ページイメージ画像

研修概要

対象 監督職
期待される効果 1.何が問題で、問題ではないかの見極めができる
2.原因分析が客観的にできるようになる
3.客観的、論理的に問題解決の方法が見いだせるようになる
4.問題解決に向けたアクションプランの作成ができるようになる

<カリキュラム内容>

  • 1.オリエンテーション

    ・研修のねらいと概要の周知
  • 2.自分自身や職場における「問題」を捉える

    ・環境認識/監督職に求められる役割
    ・問題とは何か/日常の業務、自己の業務を振り返る
    ・自己の役割期待と能力
     担当業務、部署、係、職場の問題発見
  • 3.問題発見と改善提案

    ①問題解決型組織とは
     ・組織の中での問題意識/優先順位のつけ方
     ・職場の問題をいかに発見するか

    ②実践的職場改善/問題解決の基本プロセス
     ・現状把握(まず何が原因と思うのか)
     ・職場での問題の洗い出し/職場のムリ、ムラ、ムダは何か
     ・原因分析の進め方
  • 4.業務改善に必要な良好なコミュニケーション力の強化

    ・提案、調整のプロセス
    ・情報収集/質問、傾聴のスキル
    ・改善を阻む言葉
    ・周りを巻き込む力
  • 5.質疑応答・まとめ

実績インタビュー

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-929-906 9:30~18:30
<従業員数50人以下、資本金1000万円以下の企業様はこちら>