株式会社マネジメントサポートグループ 実績に繋がるCSコンサルティング

0120-929-906
0120-929-906
営業時間:平日9:30~18:30
HOME > マネジメントサポート > 「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得 > 39 社長は歩くビジョン
広告塔でなければならない。

39 社長は歩くビジョン
広告塔でなければならない。

2015年07月27日更新

kot001

 名前を聞いたり、顔を見たりすれば、すぐに「あの会社の社長だ」と会社名が思い浮かぶような、インパクトのある社長っていますよね。個性的なキャラクターや特徴のある話し方、派手な衣装などポイントはさまざまです。

 私は、会社や自分の存在を世間にアピールしていくことは、社長の役割の1つだと考えています。だから、私の場合はできるだけさまざまな会合に参加して、何かしらの役員を務めるようにしています。「企業研修、人材教育・育成会社の古谷さん」と、私の顔と名前を覚えていただき、人脈を広げていくのです。

 また、より多くの方に我が社の存在や事業内容を知ってもらうために、いまだに現役で研修やセミナーの講師を務め、本も執筆しています。これは会社存続のための私の戦略です。

 役職を得ることや人前に出ていくことが好きか嫌いかではなく、これが社長としての仕事。ならば有効な方法で、我が社をアピールしていきたい。

 経営者として、経営を安定させて、社員やその家族に責任を果たすためにも、社長自らが前面に立ち、会社のビジョン、広告塔となるのです。


関連記事:




企業研修/公開講座/CS調査・診断/無料セミナーなど各種お申込み・お問合せ・資料請求はこちら 電話でのお問合せ:0120-929-906