株式会社マネジメントサポートグループ 実績に繋がるCSコンサルティング

0120-929-906
0120-929-906
営業時間:平日9:30~18:30
HOME > マネジメントサポート > 「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得 > 20 プライベートは親しく、仕事は毅然と。
「明視距離」をとりましょう

20 プライベートは親しく、仕事は毅然と。
「明視距離」をとりましょう

2015年06月15日更新

kot001

 女性は「調和」を大事にします。ただそれは、「横並び」を善しとする「同調圧力」と紙一重かもしれません。周囲を気にして自分の意見が言えなかったり、目立つのが嫌で、新しいプロジェクトに手を挙げられなかった経験はありませんか? でも、あなたがリーダーになったら、横並び意識からは卒業

 リーダーの立場を自覚して、職場では毅然とした態度で部下に接して、業務指示を出したり、指導していきましょう。部下とうまくやっていこうと、必要以上に親しくするのも厳禁。リーダーとして、言うべきことが言えなくなります。

 部下の失敗をフォローするときも、本人に問題点を指摘せず自分ですべてやり直し、陰で不満を漏らすリーダーを見かけます。直接注意をして嫌われたくないのでしょうが、本人にきちんと改善点を伝えないと、部下の成長も望めません

 新聞など細かい文字を読むとき、文字と目がピタッと合う距離を「明視距離」といいます。社内の人間関係もこれと同じ。近すぎると叱れない、離れすぎると相手を理解できないものです。

 「立ち場をわきまえた」振る舞いも、リーダーの務めと心得てください。


関連記事:




企業研修/公開講座/CS調査・診断/無料セミナーなど各種お申込み・お問合せ・資料請求はこちら 電話でのお問合せ:0120-929-906