HOME > マネジメントサポート > 「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得 > 14 質の高いコミュニケーションは、
 「聴く力」「感受性」を伸ばすこと。

14 質の高いコミュニケーションは、
 「聴く力」「感受性」を伸ばすこと。

2015年06月01日更新

kot001

 あなたは聞くことと話すこと、どちらが苦手ですか? 日本人の大半は「話すのが苦手」と答えるでしょう。それなら「聴く力」を伸ばしていきましょう。

 人は、自分の話をよく聞いてくれていると感じる相手には、たくさん話したくなるもの。あなたがたくさんの話を聞くことができれば、相手から情報をたくさん引き出せて、お互いに理解を深めていくことができるからです。

 また今度あの人と話がしたいと思われることが、人間関係を築くスタートラインです。聴き上手になるための5つのスキルを身につけましょう。

 ①相手に体を向け、正対する

 ②目線を向けて、アイコンタクトをとり、内容に応じた表情で聞く

 ③うなずきながら話を聞き、相づちを打つ

 ④大切なことは復唱したり、質問をして、きちんと聞いていることを示す

 ⑤相手の真意、気持ちを代弁するような言葉で共感を表す

 あなたも感受性を豊かにして、聴くスキルを身につけ、コミュニケーションの質を高めていきましょう。


関連記事:




企業研修/公開講座/CS調査・診断/無料セミナーなど各種お申込み・お問合せ・資料請求はこちら 電話でのお問合せ:0120-929-906