Lesson10 語学ができなくても大丈夫 大切なのは、臆せずやってみること / マネジメントサポート

株式会社マネジメントサポートグループ 実績に繋がるCSコンサルティング

0120-929-906
0120-929-906
営業時間:平日9:30~18:30
HOME > マネジメントサポート > 3ステップおもてなし術 > Lesson10 語学ができなくても大丈夫 大切なのは、臆せずやってみること

Lesson10 語学ができなくても大丈夫
大切なのは、臆せずやってみること

kot001

 私たちも海外に行ったときに目的地への行き方がわからないと、日本で迷っているときとは比べものにならないくらい不安になります。それは日本に来られた外国人のお客様も同じ。だからこそ、ちょっとした私たちの手助けやおもてなしが、外国人の方には大きな安心になります。

 

 ただ、日本人は何事にも完璧を求める傾向があるようです。おもてなしをするには、流暢できれいな英語が話せないといけない。中国のお客様には中国語で対応しないといけない。間違ったら恥ずかしい……。このように考えて、外国人のお客様への対応に、二の足を踏んでしまったことはありませんか。外国人のお客様のおもてなしに関しては、こうした完璧主義が足かせになっているのかもしれません。

 言葉の壁や失敗したくないという気持ちにばかりとらわれていると、外国人のお客様に対して消極的になってしまいます。消極的な態度はお客様に「歓迎されていない」という誤解を与えかねません。

 

笑顔でひと声。まずは自分からアプローチ

 

 もったいないのは、外国語への苦手意識があって、困っている方に気づいても声をかけなかったり、反対に気づかれないようにその場を離れてしまうこと。

 笑顔でひと声かければ、「あなたを助けてさしあげたい」という気持ちがお客様に伝わります。これがおもてなしの第一歩になります。

 声をかけるときは、流暢な外国語でなくてもかまいません。つたない英語で「メイアイ ヘルプ ユー?(いかがされましたか?)」で大丈夫です。日本に来るお客様はアジア圏の方も多く、相手も英語がネイティブでない場合は、カタコト英語同士のほうがかえってお互いに理解しようと努力して、コミュニケーションが進むこともあるのです。

 

 まずは簡単なフレーズを使ってお声がけを。伝わらないときは筆談やジェスチャー、地図やパンフレットなどのツールで補えば、意外とおもてなしはできるものですよ。

出典: 『簡単だから伝わる!語学力いらずの3ステップおもてなし術』 日経BPコンサルティング


企業研修/公開講座/CS調査・診断/無料セミナーなど各種お申込み・お問合せ・資料請求はこちら 電話でのお問合せ:0120-929-906