株式会社マネジメントサポートグループ 実績に繋がるCSコンサルティング

0120-929-906
0120-929-906
営業時間:平日9:30~18:30
HOME > 新入社員研修 > 職場のコミュニケーション・報連相研修

職場のコミュニケーション・報連相研修

職場で起こる「報連相」ミスが題材!
思考力と恊働関係構築力が身に付く!

ビジネスマナーの見直しと訓練で、スッテプアップしたスキルを身につける 「報告がない」「指示したことはできるが主体的に動かない」と嘆く上司、新入社員の退職理由の上位に職場になじめないが上がります。

この研修の主な対象者

◆新入社員 ◆若手社員対象

概要

新入社員・若手にとって、自己の仕事力を育て発揮するためには、組織での協働関係を踏まえた報連相スキルの習得は不可欠です。また、新人にとって、上司、先輩との信頼関係を1日も早く築くコミュニケーションスキルは、自身を助けるとともに、早期戦力化の要となります。
報連相は心構えや理論を学んで理解しても、分かっているつもりになるだけで仕事の結果は変わりません。本研修は報連相の正しいやり方を実践的に体得し、自己の仕事力を高め、職場で協働関係を構築できる新人を育てることを目的としています。

ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906

職場のコミュニケーション・報連相研修(参考例)

1オリエンテーション
・研修のねらい/概要説明
1コミュニケーションの重要性
・ビジネスに2つのコミュニケーションスキル
・相手の立場に立つことの難しさと重要性
・報連相には進めるスキルがある
1仕事力・協働関係力徹底強化のための報連相実習
【Ⅰ.報告の達人になろう】
(1)正確な指示受けが正確な報告への第一歩
 ・5W2Hで正確に指示受けし、正確に報告する
 ・正確な報告はWHATを件名にして簡潔に伝える

(2)確実な指示受けのための質問とステップワン報告
 ・確実な結果報告にワンステップアプローチをプラスする
 ・確実な指示受けのための質問例
 ・的確な仕事遂行と確実な結果報告のための質問

(3)上司が理解しやすい簡潔な報告スキル
  ・結論先出しでの報告
  ・数字化での報告
  ・悪い結果ほど早く、悪い結果ほど潔く報告

【Ⅱ.連絡の達人になろう】
(1)連絡は意図を明確にした情報伝達
 ・緊急、重要からスタートし聞く側を当事者にする

(2)複雑な情報は整理して伝える
 ・正確な情報を連絡するには「かたまり」で整理する

【Ⅲ.相談の達人になろう】
(1)相談は協働作業効果を上げるために必須

(2)協働関係を活かしてレベルアップにつなげる相談
 ・上司を当事者として巻き込む相談
 ・巻き込み相談は仕事に対する姿勢表明

(3)的確なアドバイスのためには目的を明確にする

(4)先輩、上司との接し方
 ・仕事は、人間関係で動く
 ・人間関係を築き、信頼関係を生むコミュニケーションとは

(5)組織人としての力を発揮するために
 ・「私の重点課題」
ご相談・お問合せはお電話かメールでお気軽にTEL0120-929-906

問い合わせから研修日までの流れ

問い合わせから研修日までの流れ
クレームを宝に変える
クレーム対応の全技術
採用情報
2018年新卒専用サイト
「ハル育」貼るだけの社員育成プログラム
メールマガジン登録

マネジメントサポートSNS

Facebook twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPページへ戻る