株式会社マネジメントサポートグループ 実績に繋がるCSコンサルティング

0120-929-906
0120-929-906
営業時間:平日9:30~18:30
HOME > 年頭にあたって「2018年1月4日新年挨拶」

年頭にあたって

「2018年1月4日新年挨拶」

代表 古谷治子

皆様、新年明けましておめでとうございます。

この新たな年が皆様に取り、会社にとり素晴らしい一年になりますよう祈念いたします。

 

さて、昨年を振り返りますと、経済情勢は、経済の鏡ともいうべき米国NY株は年間上昇幅が過去最高の25.1%になるなど、世界的な株高となって、好景気を映しているかのようでした。

日本の株式市場も26年振りの高値水準となり、日経平均の年間上昇幅も過去二番目の19%高となりました。

しかし海外とは異なり、業績が好調なのは、大手企業、一部の業種を中心としたものであり、全般的に実体経済は、好調とはいえず、見せかけ的な景気の状況にすら感じました。

政治、社会では、国際的な面は朝鮮半島危機や南シナ海、中東をめぐる地政学的リスクの高まりの中、アメリカファーストを唱えるトランプ大統領に振り回された一年でした。

国内に目を向けると、日本をけん引してきた代表的なリーティングカンパニーの品質管理における偽装事件で大きく信用失墜をしました。

 

マネジメントサポート・グループ代表 古谷 治子さて、今年の干支は,戌です。

犬のように駆け抜けて、先へ突き進む年といたしましょう。

犬に関する諺には「三日の恩を三年忘れず」というものがあります。

言葉としては、三日飼っただけでも、犬はその恩を三年忘れないことのたとえです。恩を受けた人に対して、恩を返すと考えがちですが、もっと重要なのは、自分が受けた恩を、多くの人に還元していくということです。

例えば私たちは、両親、上司や先輩など係るたくさんの人の恩を受けて育っています。

その方たちに感謝しつつ、今度は皆さんのご家族、お客様、部下や後輩に対して、自分たちが受けたものと同様に、指導したり、サポートしたりしてあげてください。

それが恩を受けた人に対する最大の感謝の表し方だと思います。

「今私が、人のためにできることは何か」と考え恩をつないでいきましょう。
自分がするべきことは何かを把握し、自分がしなくともよいことは他者にゆだねる、又は捨てる。選択と集中です。

大事なことを選んで行動し、何が何でも結果を出すことです。

私たちの仕事は労働集約型です。いかに少ない労力で多くの結果が出せるかが大切なのです。

一人一人が、目標達成のために、何をするべきかを考えて戦術を立てましょう。 2018年はネサポグループを「成長を加速させる年」として集中して取り組み、さらなる体質強化を図っていく年としていきましょう。

 

毎年年頭に当たり、今年1年、勝も負けるも経営トップである私の腹一つと決め、この場にたっています。

私は、トップとして先頭に立って走りぬいてまいりますので、皆さんもどうか、その後に続いてください。

今年も皆さんの協力が不可欠です。

本年1年、皆さんのご多幸とわが社の発展のためにお互いに頑張ってまいりましょう。

 

皆さんの活躍できる一年になることを期待しております。

マネジメントサポート・グループ代表 古谷 治子

クレームを宝に変える
クレーム対応の全技術
「だから女はダメなんだ」と言われない 女性リーダーの心得
研修会社が教えるビジネスマナー
採用情報
2018年新卒専用サイト
「ハル育」貼るだけの社員育成プログラム
メールマガジン登録

マネジメントサポートSNS

Facebook twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPページへ戻る