コラム
コラムイメージ画像
簡単だから伝わる!語学力いらずの3ステップおもてなし術

Lesson48 あぐらも立て膝も 女性の伝統的な座り方

 韓国は地理的に日本から近く、文化的にも共通点が多い国ですが、習慣にはさまざまな違いがあります。

 生活習慣では韓国でも日本と同じように家には靴を脱いであがります。しかし、床に座るときの姿勢が異なります。男性があぐらをかくのは日本と同じですが、正座の習慣がない韓国では、女性も普通にあぐらをかきます。

 また、スカートをはいていても女性が立て膝になることがあります。これは、チマチョゴリを着るときの習慣が洋服を着るときにも残ったもので、伝統的な韓国の女性の座り方。和食レストランや居酒屋などの座敷で見かけた際は、韓国の習慣と覚えておきましょう。

 韓国に行ったことがある人は知っているかもしれませんが、韓国の食習慣の特徴のひとつは、食事のときにキムチやナムルなどの野菜をふんだんに使った小鉢料理がたくさん出てくること。これらはおかわり自由で、基本的に無料です。

 飲食店では、韓国のお客様からお通しのおかわりを求められることがあるかもしれません。日本では、お通しのおかわりには別料金がかかることを前もって伝えたほうが親切でしょう。

 韓国の食事は、食器は手で持たないのがマナー。卓上に置いたまま、スプーンと箸で食べます。テンジャンククという韓国の味噌汁もスプーンを使います。もし箸だけで食べにくそうにしているのを見かけたら、スプーンをお貸しするとよいでしょう。

 人間関係では、コミュニケーションの取り方がとても積極的。初めて会った人にも、年齢や結婚の有無、出身大学などを聞いてくることがあります。仕事などで韓国の人と一緒になったとき、このようなことを聞かれても驚かずに笑顔で対応できるといいですね。

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:簡単だから伝わる!語学力要らずの3ステップおもてなし術