コラム

コラムイメージ画像
80万人が学んだ!!研修会社が教えるビジネスマナー

名刺交換のビジネスマナー|大きなビジネスチャンス!?

 ビジネスシーンにおいては、ほとんどの場合、人との出会いは名刺交換から始まると言っても過言ではないでしょう。
 名刺交換のマナーは、ビジネスバーソンにとっては欠かせないビジネスマナーです。
 相手に、よい第一印象を与えるためにも、正しく、スマートな名刺交換のマナーをしっかりと身につけましょう。

名刺交換の渡し方

起立して行う

名刺交換画像
 部屋に相手が現れたら、すぐに立ち上がって挨拶をし、名刺交換をします。

目下の人(訪問者)から先に渡す

名刺交換画像
 名刺交換は、訪問者が先に差し出すのがマナーです。
 もし、上司が同行している場合には、上司に先にやり取りをしてもらいます。相手が複数の場合は、役職の高い人から順番にやり取りをするようにしましょう

自己紹介をして両手で差し出す

名刺交換画像
 相手の正面で自己紹介をしながら、両手で名刺を渡します。

相手が受け取りやすいように渡す

名刺交換画像
 相手が受け取りやすいように、文字が読める向きで、胸の高さに差し出します。

名刺の受け取り方

両手で受け取る

名刺交換画像
 必ず両手で受け取ります。「頂戴致します」と両手で受け取るようにしましょう。

名前の読み方を確認する

名刺交換読み方確認画像
 名刺に目を通し、相手の名前が分からないときは、質問して確認します。

名刺入れは座布団代わりに

名刺入れは座布団代わりに画像
 もらった名刺を名刺入れの上に置くと丁寧な印象に。商談中もテーブルの上に置いておくのがマナーです。すぐに名刺入れやカバンにしまわないように注意しましょう。

相手が複数なら横に並べる

相手が複数なら横に並べる画像
 相手が複数人の場合、座席に応じて名刺を並べておくと名前を間違える心配がなくなります。

こんな時はどうする?

名刺の同時交換!?

名刺の同時交換画像
 相手と名刺を出すタイミングが同時になってしまったら、あわてずに図のように名刺入れを受け皿として受け取るのがよいでしょう。または、右手で自分の名刺を渡し、左手で相手の名刺を受取るようにしましょう一言「片手で失礼いたします。」と付け加えるとよいでしょう。

先手をとられた!?

先手をとられた時画像
 相手が先に名刺を差し出してきた場合もあわてずに、まずそれを丁寧に両手で受け取り「ご挨拶が遅くなり・・・」と一言添えて、名刺を差し出しましょう。

名刺交換タイムは、大きなビジネスチャンスの入口。
 印象づける名刺交換を心がけよう!

印象づける名刺交換その①

 相手の名前が珍しい名前だったら、それはチャンス!遠慮せずに、「なんとお読みしたらよろしいですか」と聞いてみよう。会社の名前の由来、会社のロゴマーク、話のきっかけはどこにでもあります。

印象づける名刺交換その②

 名刺交換の際は、親指が名刺の上に来て、相手からもよく見えます。爪が汚れているなど、問題外ですが、男性でも指先やつめの手入れを定期的にして、ささくれや、つめの伸び過ぎなどに注意しましょう。女性の場合、職種や会社の許す範囲でネイルのおしゃれをするのもよいでしょう、ただし、ネイルがはげてしまったりしていては台無しです。

印象づける名刺交換その③

 名刺交換をした日あるいは、次の日には必ずお礼のメールをしましょう。大きな会合で、名刺交換だけした場合でも、丁重なお礼メールをもらって、いやな気持ちになる人はいないでしょう。

 

にゃんこ先生の一言アドバイス!

そんな初歩的なミス・・・と思うかもしれませんが、肝心な時に名刺が切れてしまったという経験がある人は、案外いるようです。名刺を忘れた、切れらした、という人から挨拶されても、その印象は、あまり良くないのが事実。軽く見られているのかと思われてしまう可能性も!名刺の補充作業、怠ってはいけません。
「名刺を切らさないことが、一番のマナー!」(by にゃんこ先生)

にゃんこ先生画像

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「仕事の基本」が身につく本
<従業員数50人以下、資本金1,000万円以下の企業様はこちら>