コラム
コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

36 リーダーなら、正しいと思ったことは、体を張って言い続ける。

 「また同じことを言っているわ」「やたらここにこだわってる」。

 上司の話を聞いていて、そう感じることはありませんか?

 でもそれは、経営者やリーダーが、正しいと思っていることや大切にしていることを繰り返し何度も言い続け、社員に伝えようとしているのです。

 経営理念や行動指針などをクレドやパンフレットなどに示していても、しっかりと社員に理解してもらわなければ、ただの飾りで終わってしまいますね。

 私が尊敬するある経営者は、20年以上にわたって毎日朝礼で話をしています。私が「よくそんなに話すことがありますね」と言うと、その方は「毎日同じことを話しているんだよ」と教えてくれました。そして、「最近になってようやく、社員に伝わっていると思えるようになってきた」とも話してくれました。

 20年言い続けてやっと伝わる。私は驚くと同時に、経営者はそれくらいの覚悟がなければいけないのだと痛感しました。その覚悟がないと、その場その場でフラフラと発言する人の意見が正しいことのようになってしまうのです。

 私も正しいと思うことは、体を張って言い続けていきます

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得
<従業員数50人以下、資本金1000万円以下の企業様はこちら>