コラム
コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

26 人生の大きな道標は 常に明確にしておかないと 人生の迷子

 私は20歳の頃から毎年お正月にその年の目標を立てています。同時に、1年後、3年後、5年後に自分がどうなっていたいかを思い描きます。そして、その目標と数年後のライフプランを手帳に書き込んでいつでも見られるようにしています。

 目指したい方向を掲げて明確に記しておくことで、道標がある安心感が生まれます。また、周りの人の意見や行動に惑わされたり、迷いが生じたりすることも少なくなり、ぶれない自分ができてきます。何か悩むことがあっても、目標やライフプランに立ち返って考えることで、答えが出ることもあるんですよ。

 もちろん途中で自分の考えが変わることもありますし、女性の場合は環境に左右されることもあります。でも、軌道修正が必要になったときには立ち止まり、そこからまた新たな目標を立てて、新たなライフプランを描けばいい。変更を恐れることはないのです。

 大切なのは、「こうしたい」「こうなりたい」という自分の意志を持つこと。そして、なりたい自分の姿や目標を文字にしていつでも確認できるようにしておけば、実現のために何をどうしたらいいのか、高い意識を持つようになるのです。

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得