コラム
コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

15 誤解は原則、 理解は偶然。

 「女性は自分から発言しない、積極的に関わろうとしない」「意見具申がない」。

 男性の管理職者からよく聞く言葉です。でも待ってください。その女性とコミュニケーションはとれていますか? 相手を誤解していませんか? 

 社員やチームのメンバーが少ないときは、コミュニケーションがとりやすく、意思疎通もスムーズです。でも、私の経験上、8人以上になると密なコミュニケーションは難しい。聞いた聞かないなど、誤解も生まれやすくなる……。

 私が肝に銘じているのは、誤解は必然的に起こるもので、理解は偶発的に得られるものということ。それぐらいに考えて、誤解が起きないよう、理解が得られるよう、普段からコミュニケーションに万全の注意を払っています。

 リーダーの立場になってからは、部下が「古谷社長に話してよかった!」と思えるような質の高いコミュニケーションをしたいと意識しています。

 特に注意したいのが、「言わなくてもわかっているだろう」と、相手に対して勝手に思い込んでしまうこと。伝えずにいると、いらぬ誤解が生じやすくなります。その都度、いちいち、しつこく、はっきり伝えることが重要なのです。

 冒頭のように思っている男性も、自分の意思をはっきり伝え、相手の意見を聞くことを意識すると、女性に対する印象も変わってくるかもしれませんね。

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得
<従業員数50人以下、資本金1000万円以下の企業様はこちら>