コラム
コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

10 部下の長所・短所を洞察して、 意欲・能力に応じて指導方法を変える。

 企業は「人がすべて」と言っても過言ではありません。だからこそ人材育成を怠らず、上司は部下を、先輩は後輩を育てていかなくてはならないのです。

 人材育成は部下や後輩をよく見ることが原点。しかし、上司自身も忙しく、部下をよく見ていないのが現状です。まずは日々の業務の洞察から始めましょう

 どんなに小さな業務でも仕上がりをよく見ると、担当した人の仕事への意識や能力が見えてきます。次に能力と意欲から部下のタイプを見極めて、タイプに合った指導、育成をしていきましょう。十把ひとからげでは育ちません。

 例えば、能力も意欲も高い人は、自主的に意欲的に仕事を進めていきます。細かい指示は出さずに仕事を委譲し、より高い目標を持てるように導いていきます。一方、残念ながら能力も意識も低い人もいます。このタイプには、まずは「何を、いつまでに、どうするか」を細かく教示して、覚えさせていきます。

 同じ部下でも、相手の能力レベルにより、指導方法はこんなに違ってくるもの。部下のタイプを見極めて、会社にとってなくてはならない「人財」に育てていきましょう

 

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得