コラム
コラムイメージ画像
「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得

05 1日の段取りなくして、仕事はできない。

 私は毎朝5時、自宅を出る3時間前に起床します。まずはベランダの植物に水をあげて、部屋の掃除と整理整頓。こうして心をクリアーにしたあと、その日の予定ややるべきことを確認して、段取りしていく時間を作っています。

 幼い頃から私は母に、「次のことを考えながら行動しなさい」と言われてきました。そのため、事前に段取りを考えて準備をする習慣が身につき、経営者となってからもずっと実践しています。

 段取りを立てる際は、小さく切ったコピー用紙などの裏紙に、その日にやることを一つひとつリストにして、箇条書きしていきます。そのメモを洋服のポケットに入れて常に持ち歩き、要所要所で開いて確認し、終わった項目には上から線を引いて消していきます。

 こうしておくと、予定を忘れてしまったり、忘れるのではないかという不安もなくなります。また、「次、何をすればいいんだっけ?」と考えたりすることもなく、効率良く仕事を進めることができます。1日の終わりにやるべきことがすべて消されたメモを見ると、達成感も味わえます。

古谷治子 写真

マネジメントサポートグループ代表 古谷治子
東京放送、中国新聞社にて9年間実務を経験。
その後、大学・短大等にて「就職支援講座」「ビジネス行動学」の講師を務める傍ら、心理学・カウンセリングを学ぶ。女性の自立を目的に開講した「マナーインストラクター養成講座」が雑誌等で取り上げられ話題となる。

出典:「だから女はダメなんだ」と言われない女性リーダーの心得