HOME > 会社の作法®

会社の作法R

25年に及ぶ、圧倒的な研修経験から導き出した結論。
会社の業績は、会社の風土と正比例する。よい会社風土を作るための、細やかな研修カリキュラムが、「会社の作法」という研修に集約されました。

成果主義より、クレド作成より、毎日朝礼より、スパルタ教育より、

組織成長・社員育成「50の法則」

会社の作法R

20年の研修実績
21,000回の研修実績回数
80万人の総受講者数 28%強官公庁割合
55万部の総合出版数 合計40冊
90%以上リピート率 CS調査No.1

研修実績25年の結晶『会社の作法R

マネジメントサポート設立から、25年間培ってきた、数多くの研修実績をもとに生まれた『会社の作法』。これは、大きく5つの作法に分かれた、組織にとって不可欠な法則とも言えます。良質な組織風土づくりのために、各分野に最適化された研修をトータルに実施することができます。

研修「会社の作法」は5つの作法で構成されています。
御社のニーズに合わせて、研修の組み合わせもできます。

『会社の作法R』5つの作法

→「仕事」の作法
組織風土を構築するためには、組織での働き方の作法を守ることが大切です。仕事の作法10の法則は、仕事の効率化や高品質化を目指し、各人が、自分自身の仕事を確実に取り組むルールと捉えての完全習得を目指します。
→「職場」の作法
良質な組織風土のベースはそこにいる全員がビジネスマナーを踏まえて行動しているということです。組織としてのビジネスマナーの徹底は、仕事とコミュニケーションが好展開するために 必須のルールと捉え、組織品格の向上に貢献できる10の法則の修得を目指します。
→「お客様」との作法
CS経営は企業の業種業態によってその具現化した施策は異なってきます。ただ、どんなに優れた施策があったとしても、現実の基本が疎かになっていたのでは、CSも机上の空論になってしまいます。CSの考え方をベースとしたお客様との作法10の法則を整えることで、組織がお客様向きになり、「私のお客様意識」を全体で醸成できる風土の確立を目指します。
→「人間関係」の作法
今やスポーツの世界でも「コミュニケーション」は非常に重要視されています。このコミュニケーションには原理原則が存在します。「何となく雰囲気が良い」ではなく、ビジネスの結果が出せるビジネスコミュニケーションのために10の法則に取り組み協働作業効率と品質が高めることを目指します。
→「育てる」作法
良質な組織風土を継承するためには、育てる作法を守ることが大切です。組織の将来を踏まえ、今何をすべきかを考えられる上位者がいることで、組織が高みに向かって動いていきます。 育てる作法10の法則は、成長する組織に不可欠なルールとして修得を目指します。

「会社の作法」WEBリサーチ結果よりリサーチ対象515社

1名から参加可能な各種「公開講座」もご好評いただいています→公開講座のご案内

25年の研修実績

21,000回の研修実績回数
創業以来、私どもは21,000回を超える研修を行ってきました。お客様は誰もが知る一流企業から、社員10人程度の生まれたての企業まで、実に様々。一社一社、各社の状況に最適な研修を実施してきました。
80万人の総受講者数
私どもの研修を受けていただいた受講者の数は、25年の歳月をかけて80万人を超えました。これは、日本の大都市と呼ばれる地方自治体と遜色ない数です。今後も増え続ければ、いつか100万人、200万人・・・と夢は膨らむばかりです。
28%強官公庁割合
マネジメントサポートグループでは、財務省、経済産業省、法務省、国土交通省、環境省、社会保険庁、警視庁、防衛庁をはじめ、その他様々な官公庁への研修実績を誇ります。私たちの研修は、国の公的機関からもお墨付き、というわけです。
55万部の総合出版数 合計40冊
ビジネスマナー・クレーム対応など、社内の人材育成に有効な学習ツールとして、代表の古谷が執筆しております。ベストセラーになった書籍もあり、数多くの読者から感謝の声もいただいております。
※書籍、DVD、eラーニングツール他を含みます
90%以上リピート率 CS調査No.1
企業の顧客満足を向上させるCS(Customer Satisfaction)活動。大変うれしいことに、マネジメントサポートグループが研修を実施した企業様が、いくつものCS調査NO.1に輝かれています。結果が出る研修と認められ、ほとんどの企業様が毎年利用していただいています。

『会社の作法R』実施の流れ

「作法診断」の受講

ID・パスワードをもとに、弊社HPよりウェブ上で受講。各作法10の設問にお答えいただきます。
診断結果をすぐに確認できます。
※ご担当者様は、受講者全員の診断結果を管理可能。

↓

「5つの作法研修」の受講

  • ①「仕事の作法」
  • ②「職場の作法」
  • ③「お客様との作法」
  • ④「人間関係の作法」
  • ⑤「育てる作法」

各研修、1日研修(6時間)。
※年度内での受講をお薦めいたします。

↓

「作法診断」の再受講

「5つの作法研修」受講後、再度「作法診断」を受講。研修前、研修後での変化を自己認識いたします。新たな課題の解決に向けた「ステップアップ研修」のご提案を申し上げます。

[作法診断設問例抜粋](各10問)※下記、設問抜粋

1.「仕事の作法」

報告、連絡、相談の意識や意図は明確に区別できている。

仕事の指示は、5W2Hで整理して受けている。

2.「職場の作法」

職場のビジネスマナーレベルは高い。

オフィス内(机の周り)は、いつも整理整頓がなされており、共有物は決まった位置にある。

3.「お客様との作法」

顧客意識が高く、その取り組みも具体的である。

お客様満足や評価を認識できる機会がある。

4.「人間関係の作法」

自分の意見は臆せずに主体的に明確に伝える技術を持っている。

自分のコミュニケーション傾向が認識できている。

5.「育てる作法」

タイムリーに効果的に褒めている。(褒められている)

個人面談の機会が定期的にある。

※作法診断の実施
組織風土構築に欠かせない作法の達成状況を研修前後で実施します。

クレームを宝に変える
クレーム対応の全技術
採用情報
2018年新卒専用サイト
「ハル育」貼るだけの社員育成プログラム
メールマガジン登録

マネジメントサポートSNS

Facebook twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPページへ戻る